デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアで解消する方法

 

デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアで解消したいなら、どうして黒ずみになるのか原因を知ることが必要です。
個人差はありますが、多かれ少なかれ誰でも黒ずみはあり、子供の頃と同じような色ではありません。
どうして女性のデリケートゾーンは黒ずみを起こすのでしょうか。
原因として考えられるのは、「下着や洋服の摩擦」、「かぶれや炎症」、「セルフ脱毛による刺激や炎症」、「ホルモンバランスによる色素沈着」などがあります。

 

摩擦を感じると、肌は自分を守るためにメラニンを生成したり、ターンオーバーを早めて角質を厚くします。
下着は肌触りが良く、きつすぎないものを選び、ジーンズもあまりぴったりしすぎない方が良いでしょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、長時間をかけてできたものですからすぐに普通の肌色に戻すのは難しいです。
お肌のターンオーバーを正常にするようなクリームを毎日、地道に塗るのがお勧めです。かぶれや炎症は、汗、おりもの、ナプキンによるムレ、むだ毛処理などが原因で起こります。
また、かゆみが出ると無意識に掻いてしまったりすることも黒ずみには悪影響です。
ホルモンバランスによる黒ずみは、妊娠や出産後、ホルモンバランスが乱れているときなどに起こります。
妊娠や出産時は自然に元に戻ることが多いです。ホルモンバランスが乱れている方は産婦人科を受診するなり原因に沿った対策を行いましょう。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

>> ひざの黒ずみ


脇の黒ずみというのは、主に洋服などによる摩擦や自己処理のダメージにより角質が厚くなったりメラニンを生成してしまうなどで起こります。脇の黒ずみを改善したり解消するには、メラニンの生成を抑制したりターンオーバーを正常化することが大切です。ですから、よく顔のスキンケアに使われる美白成分が脇の黒ずみケアクリ...